バストアップの基礎知識

バストアップにまつわる疑問や噂を解決!

更新日:

バストアップにまつわる疑問や噂を解決!

バストサイズを大きくしたいと考えている方は、バストアップできるという噂があるとすぐに飛びついて実践していませんか?

でも、なかなか思うようにバストサイズが変わらず、がっかりしている人も少なくないはず。

それもそのはずで、バストアップにまつわる噂は嘘と本当の話が入り混じっていて、真実を見分けるのは難しいものです。

そこでこの記事では、よく聞かれるバストアップに関する疑問や噂について徹底的に調べた結果を紹介します。

この記事を最後まで読んでいただければ、バストアップに役立つ本当の情報がわかるので、ぜひ参考にしてください。

 

バストアップに関する疑問・胸を揉むと大きくなるのは本当?

バストアップにまつわる疑問や噂を解決!

胸を揉んでいるとバストサイズが大きくなるという話を聞いたことがある人も多いと思いますが、胸を揉むと大きくなるどころか、バストの形が崩れる原因にもなりかねないのでおすすめできません。

胸全体を揉みすぎると、バストの形を支えているクーパー靭帯が伸びたり切れたりしてバストの形が崩れてしまう原因になりかねないからです。

胸をパートナーに揉んでもらうことで興奮し、女性ホルモンが分泌されて乳腺が発達してバストが大きくなるという説もありますが、あくまでも一時的な現象なので根本的なバストアップには繋がりません。

 

正しいマッサージなら効果が期待できる

リンパや血液の流れを意識したマッサージを行うことで、バストアップに繋がる可能性は十分にあります。

リンパや血液の流れが良くなるほど、余分な老廃物が排出されて、胸の成長にも必要な栄養が届きやすい状態になります。

そのため、胸全体を揉むというよりも、バスト周辺を揉むように意識してマッサージすると良いでしょう。

  • 脇の下からバストの横に沿って揉む
  • 脇の下から肘に向かって揉む
  • 鎖骨の中心から肩に向かって揉む

このように、リンパの流れを意識して、気持ちいいと感じる力加減でマッサージするのがコツです。

お風呂上がりの体が温まった状態でマッサージをするのがおすすめなのでぜひ地道に続けてみてください。

 

バストアップに関する疑問・30代や40代でもバストは大きくなる?

バストアップにまつわる疑問や噂を解決!

「バストが成長するのは20代前半の成長ホルモンが活発する時期だけだから、30代や40代になったらもうバストアップなんて夢のまた夢」なんて諦めていませんか?

結論から言えば、30代や40代になってもバストアップする可能性は十分あります

成長ホルモンは思春期から大人になる頃に女性の胸を大きくする働きもあり、確かに成長ホルモンが活発に分泌される時期は20代前半がピークですが、その後は全く分泌されなくなるわけではありません。

また、女性ホルモンも乳腺を発達させてバストサイズを大きくする働きがあるため、30~40代でもバストアップする可能性は十分にあるのです。

 

バストアップする可能性もあるが崩れやすい時期でもある

30~40代の女性でもバストサイズが大きくなる可能性はありますが、バストを支えているクーパー靭帯が劣化しやすくなっているため、形が崩れやすいリスクがある点には十分注意が必要です。

年齢を重ねるとともにコラーゲンが減少して体や肌のハリが失われるのと同じように、コラーゲンが主成分のクーパー靭帯も劣化して伸びたり切れやすくなって、バストの形を維持しにくくなります。

30~40代の女性がバストサイズを大きくしたいのであれば、

  • ホルモンの分泌量を安定させる食生活や睡眠、適度な運動など規則正しい生活を心がける
  • クーパー靭帯を守る体に合ったブラジャーを着ける(夜用のナイトブラも推奨)

この2つをしっかり守ることが大切です。

 

バストアップに関する疑問・イソフラボンを大量摂取するほど良い?

バストアップにまつわる疑問や噂を解決!

女性ホルモンと似た作用をもたらすことで知られているイソフラボンは、豆乳などの大豆製品に多く含まれているため、積極的に補給している人も多いのではないでしょうか。

イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た作用があり、バストアップに役立つ栄養素とされているのは間違いありません。

しかし、どんなにバストアップに効果的といっても過剰摂取は絶対にやめましょう。

 

イソフラボンの過剰摂取で体調不良になる事例もある

イソフラボンを過剰摂取すると、女性ホルモンのバランスが崩れて体調を崩す事例が多く報告されています。

月経不順や不正出血、嘔吐、皮膚障害など体調を崩す例が多いため注意しましょう。

イソフラボンの推奨摂取量は1日75mgとされていますが、例えば納豆1パックと、豆腐半丁で推奨される1日の摂取量75mgくらいは十分補えます

イソフラボンを含むサプリメントや食品の過剰摂取には、くれぐれも注意しましょうね!

 

バストアップにまつわる疑問や噂は真実を確かめてから実践を!

バストアップにまつわる噂はいろいろありますが、効果が期待できる本当の情報と、効果が全く期待できない嘘の情報があります。

バストサイズを早く大きくしたいという気持ちはわかりますが、決して焦らずに地道にお手入れを続けることが着実にバストサイズを大きくする結果に繋がることを忘れずに、真実の情報を見極めて実践しましょう!

Copyright© 【ハグミー(Hug me)】ブラの効果と口コミまとめ!辛口調査 , 2019 All Rights Reserved.